bluetrollbible58のブログ

子供の心の事、親の事を中心に書いていこうと思います。

親に心を開けない子供

子供の頃の私に、親がこう言いました。

「言いたい事は言わなきゃダメだ!なぜ黙っている!」

心を開かない子供に対して、とてもイライラしている両親。

 

 

黙っている私にお父さんは殴りかかってくるし、お母さんはヒステリーをおこして怒鳴ってくるし、この人たちに絶対心を開くものか!と思った事もありました。

 

お母さんは子供の事を深く考えようとしないタイプの人間だったし、お父さんは「男の子とはこう育てるべき、女の子とはこう育てるべき」というマニュアル人間だったから、尚更私みたいにマニュアルに当てはまらない子供は理解不能でイライラしていたんだと思います。

 

何も言わない子供には様々な理由があると考えています。

 

私の場合はどうだったのでしょうか。

「心を開いても良いことはない。」 と子供ながらに察してしまっていたからです。

私は親に対して何度も心を開いた事があったはずなのです。

しかし、親の意見にそぐわない心の開き方をしてしまうと親に毎回心を折られていたのです。

親の顔色をうかがいながら発言をするうちに、心を開けなくなったのです。というか、開きたくなくなったのです。

 

では、どのような言葉を言ってもらえたら、私は心を開けたのでしょうか?

 

「心を開いても大丈夫だよ。自分が思っている事を話しても大丈夫なんだよ。お父さんもお母さんもみんなで心を開くから、一緒に心を開いてみよう!」

そんな風に言われたかったのかもしれません。

子供の頃だけでも良いので安心感の中で生きていきたかったです。

もしも私に育てるべき子供がいたなら子供には安心感を与えたいと思います。

つらいことは、学校や友達や社会から学べば良い。

家だけでも安心できる環境を作りたい。 そう思っています。

それって単なる理想論なのかもしれませんが、それができないなら子供は産まないです。

 

子供に安心感を与えられる親が増えることを願いたいです。

 


人気ブログランキングへ