bluetrollbible58のブログ

子供の心の事、親の事を中心に書いていこうと思います。

大学受験

f:id:bluetrollbible58:20170403155744j:plain

 

私の高校時代の環境は、ものすごく恵まれていたと思う。

 

大きな勉強机に本棚とベッドというシンプルな自分だけの部屋。

そして毎日の食事や掃除洗濯、毎日持たせてくれる手作りのお弁当。

学校から帰ると、私の部屋は全て片付いていてベッドのシーツもパリッと清潔な状態で、今思い返しても受験生の私にとって贅沢な環境だったと思う。

 

全ては、祖母との2人暮らしのおかげである。

祖母が全てお金を出し、家事も完璧にしてくれて、必要な環境は全て与えてくれていた。

 

では、なぜ私は勉強や大学受験をしなかったのか。

 

祖母と暮らす前の毒親の家庭環境の悪さがその根本にあるものの、祖母から与えられた環境、与えられたお金が、子供ながらにとても無機質なものに思えていたからだ。

 

私の幸せを願ってお金を使ってくれているのではなく、祖母が満足したいがためにお金や環境を提供してくれているのだと子供ながらに思っていた。

 

祖母との生活に、心を満たしてくれるような温かみを感じられなかった。

 

そこでもし祖母と意思疎通できていたならまた違ったのだろうけど、祖母は打たれ弱い性格なので、私は祖母には問題提起は一切せず、毎日を淡々と過ごす学校生活だった。

 

無機質な環境に全く感謝をせず、遊んでばかりで勉強を一切せずに高校を卒業してしまった。

 

もしあの頃の私にアドバイスできるとしたら、

 

「無機質な環境、無機質なお金こそ味方につけると自分の幸せに繋がる」

 

とアドバイスすると思う。

 

表面的に温かみのあるものだけが私を幸せにしてくれる。というイメージをずっと持っていた。

 

しかし温かみのない無機質なものを自分の味方につける事によって、無機質なものが結果的に幸せに導いてくれるという事に私は後々気づいてしまった。

 

それを実行してくれたのが、私の兄弟だ。

私の生き方を反面教師にして、今年現役で国立の大学に合格したのだ。

 

 大学が全てではない、学歴が全てではない、と言う人もいる。

確かに、大学を出ていても出ていなくても犯罪する人はする。

 

ただ、私が私自身を許せないのは、高校時代に勉強をせずに、祖母にも感謝せず、表面的に面白いもの、楽しいものだけにとらわれて生きていたという事だ。

 

無機質な環境、無機質なお金、無機質な勉強の内部まで、掘り下げて見てみようと思えなかった事が情けなく思う。

 

本当の幸せは内側に潜んでいるということを、あの頃の私は気づかずに生きていた。

 

今度大学の入学式がある。

私とは違う人生を、私の兄弟たちが歩んでくれることを心から嬉しく思う。

 


人気ブログランキングへ