bluetrollbible58のブログ

子供の心の事、親の事を中心に書いていこうと思います。

心を落ち着かせる習慣

 家にいる時には常に音楽やテレビの音に囲まれながら生きていた。

無音は不安を煽ってくるからだ。

 

この暑い時期には窓も閉め切って、クーラーばかりを使っている。

外がどのくらい暑いのかも分からない日もあるほどだ。

 

このままで良いのかと疑問に思い、私は日々の暮らしの中で何らかの習慣を作って実践をしてみる事にした。

 

 

 

 

朝になって目が覚めたら、クーラーを切って、カーテンと窓をしっかりと開けて外の空気を取り入れる。

顔を洗って歯磨きをしながら、好きな飲み物を準備する。

リビングに飲み物を置いて、外の静かな音や(まぁ駐車場の出入りで完全に静かとは言えないけど)、鳥のさえずりや最近鳴き始めたセミの音にも耳に傾け、空気の流れを感じようと心がける。

 

空に向かって、

 

「今日も目が覚めました。一日という時間を与えてくださって有難うございます。今日も有意義に時間が使えるかは分からないですが、精一杯自分なりの時間を過ごそうと思います」

 

みたいな事を、手を合わせながら祈る。

 

宗教は知らずに生きてきたが、何だか目に見えない大きな存在に感謝をする事が私には必要だと思った。

 

そして、カーテンごしに入ってくる太陽の光と共に、自分の心と向き合えるような本を読みながら過ごす。

すると、ものすごく速く何かを刻んでいた脳がゆっくりと落ち着いてくるようになった。

 

静寂は怖い、寂しい、退屈。

 

そんな風にずっと思って生きてきたけど、外の音や空気の流れに耳を傾けると、意外にも心はリラックスしてくれているようだ。

 

もう、無音、静寂は怖くなくなってきている。

 

少しずつ、心が変化しているように思えるようになってきた。

 

過去を恨むのも誰かを傷つけるのも仕返しするのも人の自由かもしれないが、脳の使い方によっては幸せになれるチャンスがあるはずなのに、それに気づけないで本能に従ってばかりいるのはもったいないと思う。

 

どうせなら今の自分がどれだけ変われるのかを試して見たいと思う。

 

 

 

 


人気ブログランキングへ