bluetrollbible58のブログ

子供の心の事、親の事を中心に書いていこうと思います。

毒母の存在

f:id:bluetrollbible58:20171029154535j:plain

 

毒母から「今何してるの?」 と、メールが来た。

 

私は「今は音楽聞いてるよ」 とメールを返した。

 

「じゃあ、私が歌ってあげよっか!」

 

と、毒母からメール。

 

「今度歌ってね!」

 

と返信をした。歌なんか今聞きたい気分ではなかったからだ。

 

すると毒母からすかさず電話が来た。どうしても歌いたいのだろうか。

 

今日は週末。 旦那もいるし、ゆっくり過ごしたいのに、夜の22時頃から電話をかけてきた毒母。

 

結婚後も特に夜から夜中にかけての長電話が酷い。

毒母の電話があるたび、旦那との会話がなかなかできない毎日。

なぜ昼ではなく夜中近くにかけてくるんだろう。

 

今日の電話の毒母の発言で、心の線が切れそうになった。

 

 

 

毒母「あんた結婚できて本当に良かったよね。でも、旦那はいつ死ぬか分からないし、明日あんたが殺されるかもしれないしw幸せって続かないし。自分はずっと幸せだと勘違いだけはすんなよ。」

 

毒母は2回離婚していて今は独身だからか、どうも私の結婚生活が平穏な事が気に食わないようで、毎回突っかかってくる。

 

毒母は続けざまに、

 

「あんたが真面目な人と結婚できたのも、あんたが非行から立ち直れたのも、全ては私とあんたのお父さんがあんたを3歳までしっかり可愛がったからだよ。子育ては3歳までが大切なの!あんたが立ち直れたのは全て私たちのお陰なんだから感謝しなさい!」

 

と優越感たっぷりの口調で語った。

 

その毒母の言動で私は心の線が切れそうになった。 

 

 

 

あまりにも絶え間なく続く毒母の会話に、スマホを持つ手が痺れた。

なので何度も、右、左、右、左、、、と持ち替えて毒母の声を聞き流すようにして、実際はパソコンのゲームのソリティアに集中した。

 

今日に限ってスマホの充電がなかなか切れてくれないのだから困った。

電話がかかってきた時は確か20%くらいしか充電が残っていなかったはずなのに。

 

「今日は歌を歌ってあげようと思ったけど色々話ししてしまったから、今度のクリスマスイブに歌ってあげるね!」

 

と、私のクリスマスの予定すら聞かずに勝手に決めてしまっている。

 

毒母に少しでも指摘してしまうと、大きく逆切れをし、何時間も発狂して大変面倒なことになる。

そして私の幼い兄弟たちを盾にして脅してくるから、縁も切れず、強くも言えず、毒母のペースに合わせてしまっている。

 

私にもしも年の離れた幼い兄弟がいなければ、私は引っ越しをして、可能な限り毒母とは音信不通を貫くのに。

 

お姉ちゃん、早く会いたい! と慕ってくれる兄弟たち。

兄弟たちが悲しむから、毒母と縁を切ろうにも切れない。

毒母と兄弟たちは一緒に暮らしているわけだし。

 

少なくとも、その子たちが社会人になるまでは。頑張ろう!!! 

 

 

 

それから、親あっての子供。 という事も、痛いほど分かる。 親が産んでくれたから、今の私があるわけだしね。それについては感謝をしようと思う。

 

しっかし 、

「あんたは3歳まで可愛がった。親のお陰で立ち直れたのだから、感謝しなさい!」

なんてよく言えたもんだなぁって思う。

 

3歳まで可愛がったら、それ以降はどうでも良いってわけか?

3歳以降の虐待と育児放棄をした毒母は許されるのか? 

 

そんな事が頭をよぎって、毒母にぶちまけたくなったが、ぐっと堪えた。

 

私が若かりし頃、薬漬けで死にかけ、目もうつろで、人間として危ない時期があった。 そんな状態の私に対しても毒母は無関心で、一人暮らしの部屋に一度として立ち入ろうとしなかった。

 

あんなボロボロで骸骨のような外見だった私のSOSですら、毒母は気づかなかったようだ。

玄関前でひたすら愚痴を言い、すっきりすると自分の家に帰って行くのが毒母のお決まりのパターンだった。

その頃の私は、カーテンも締め切って、煙りが充満してゴミも散乱する部屋の中で平然と生活をしていた。

 

あの一人暮らしの部屋に無理矢理立ち入って、空気を入れ替えてくれて、外に連れ出してくれたのは、旦那だ。

命の恩人は、3歳まで可愛がった親ではなく、旦那のような気がするんだけどな。

 

それと私自身、毒親との関わりに苦しみながらも解決策を模索し、もがきまくってようやく普通の生活にまで這い上がってこれた。(もちろんまだまだ未熟だけど)

 

 

毒母の「立ち直れたのは3歳までしっかり可愛がってあげたおかげ。親に感謝しろ」 という言葉を聞いた瞬間、今までの旦那や友達に救ってもらった事や自分の頑張りなどが走馬灯のように頭をよぎって、溢れて、心が震えるぐらい悔しくなった。

 

毒母が一切口を聞けなくなるぐらい、毒母を叩きのめしたい気持ちになったし、反論すらできない自分の立場に悲しくて泣きそうになった。

 

時差のある国へ移住したいぐらいの気持ちになった。

そうすれば、あんまり連絡を取らなくて済むわけだし。

 

英語・・・勉強してみるかなぁ。

 

  

 

毒母の鎖、毒母の存在、苦しい。

 

今日は心の線が切れかけたので、どうにか冷静にならなくては。

 

 

今回の気分の落ち込みは大好きな海外ドラマを観ても全く解決できなさそう。

どうしようかな。

 

結局夜もあんまり眠れず。 寝起きから頭痛がする日曜となった。

 

そして気持ちもどんよりしている。

 

疲れた。疲れた。

 

でも、今日も頑張って生きよう!!

 

 

 
人気ブログランキングへ